ULU(ウルウ)赤ら顔や乾燥肌、敏感肌に悩む人たちを一人でも多くきれいに。
2021/02/12

香りのチカラで気分転換!

こんにちは!
ULU(ウルウ)お客様サポートセンターの松澤です。

最近、好きな香りでリラックスする事にハマっています。
私の場合は、お香を焚いたり、香りのよい入浴剤を使ってみたり、主におうち時間を充実させるための香りを楽しんでいます。

お気に入りの香りは沢山あるのですが、
その中の一つに、ULUシェイクモイストミルクの香りがあります。
スキンケアでふわっと香るあの香りがなんとも心地良くて・・・、毎回深呼吸してしまうくらい、好きなんです 。

この香り、なんの香りか皆さんご存知ですか??

香りの正体は“ノバラ”

ULUシェイクモイストミルクからほのかに香るフローラルな香り、これは「ノバラ油」の香りです。

ノバラ油は、
バラ科の落葉低木カニナバラの果実を水蒸気蒸留して得られる天然のアロマ精油で、成分そのものが香りを持っています。
保湿効果、抗菌・消炎効果もあり肌を清潔に保ち、肌のきめを整え、ヒーリング、整肌効果があると言われています。
この果実は、一般的にはローズヒップと呼ばれているもので、食用にもなるものです。

ノバラ、とてもかわいらしい感じのお花なんですよ。
私は勝手に花びらの香りなのかと思いこんでいたのですが、果実から抽出した香りだったんですね。
ノバラ

香りと感情の関係

さて、タイトルにしました「香りのチカラで気分転換」。

好きな香りが、どうして気分転換に有効なのかご存知ですか?
それは、嗅覚が脳の本能をつかさどる部分に関係しているからなんです。

人間の五感(視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚)のうち、嗅覚は脳の感情と記憶に強く関与している部分にダイレクトに作用します。
この部分に働きかけるのは五感の中でも嗅覚だけ。
喜怒哀楽など、私たちの気分をつかさどる脳の分野に直接働きかけるのが「嗅覚」なのです。

好きな香りをかぐと気分転換できるのも、このメカニズムによるものです。
香りをかぐと、その成分が鼻の粘膜から脳に信号を送り、自律神経を刺激。
その信号を即座に判断して、快・不快の感情を与え、かいだ人の気分を変える効果があるのです。

いい記憶と心地よい香りを結び付ける

この嗅覚のメカニズムを利用すれば、いい記憶と香りを結び付けることで、その香りをかぐといい記憶を思い出し、その時に感じた気持ちを人為的に作る事ができるのだそう。

たとえば、
リラックスした状態の時に “自分の好きな心地良い香り”をかぎ、その香りを記憶させます。
これを何度か繰り返しているうちに、その香りとリラックス状態が結び付いていきます。
そして、気持ちが落ち込んだり、気分転換したいときには、その香りをかぐことで、気分を少し和らげることが可能になるとか。
リラックスする女性

香りはアロマなど特別なものを用意しなくても、好きな香りの身近なものでOKです。

そこで、
皆さんのお手元にあるULUシェイクモイストミルクも、是非気分転換の仲間に入れていただきたいです!
リラックスした気持ちでシェイクモイストミルクのスキンケアを行うと、 “ノバラの香り”=リラックスタイム と自然に脳が認識するようになっていきますよ。

朝晩のスキンケア、朝はどうしても忙しくてバタバタイライラしがちですが、夜だけでもゆったりした気持ちでスキンケアしていると、ノバラ油の香りの記憶のおかげで朝も穏やかな気持ちへ導いてくれるかも・・・。

最後に・・・

在宅の時間が長くなっている今、香りで気分をコントロールする方法は、手軽で今の状況にとても合っている方法ではないでしょうか。

ただ、香りの成分によっては、以前のブログで紹介した「化学物質過敏症」を発症してしまう可能性もあるので、香りの選び方にも注意が必要です。
これは合成香料に含まれる化学物質がアレルゲンになり、吸い込むことで起きる症状です。
こういった香害は異常に化学香料を使用しているケースが多いようです。

ULUシェイクモイストミルクの香りはノバラの精油によるもの。
香料は使用していません。天然由来のものです。
そういった面でも、香りについても自信を持っておすすめ出来る商品です。

シェイクモイストミルクでのスキンケアタイム、このノバラの香りが“リラックス・リフレッシュできる香り”としても、皆様のお役に立てましたら嬉しいです。
シェアする