ULU(ウルウ)赤ら顔や乾燥肌、敏感肌に悩む人たちを一人でも多くきれいに。
  • スタッフブログ
  • 【乾燥肌さん必見】梅雨の肌!実は乾燥しているってホント?!
2020/06/19

【乾燥肌さん必見】梅雨の肌!実は乾燥しているってホント?!

こんにちは。
ULUお客様サポートセンターの中村です。

ジメジメとした、この季節は、お肌のベタつきやテカリが目立ったり、吹出物が出やすくなったりと、梅雨特有の肌変化が起こりがちです。

ベタつく程なので、お肌は潤沢に潤っていると思いがちなのですが、それが大きな勘違い!
なぜなら、潤っているように感じるのは肌表面だけで、肌内部はカラカラに乾いているインナードライ現象を起こしているかもしれないからです。

しかも、このインナードライ、気づかずに放置していると、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
という事で、今回は、この密かに隠れた乾燥…インナードライをテーマにします。

乾燥を気にする女性

インナードライはどうして引き起こされるの?

温度や湿度が高い、蒸し蒸しした屋外から、オフィスなど、除湿された涼しい室内に入ると汗がス~ッと引いて、もう、まるで天国のようにホッとしますよね。
けれど、この心地よさが要注意なのです!

それは、汗が乾くのと同時に、肌内部の水分が奪われ、瞬く間に乾燥してしまうからなのです。

そして、このようなことが何度も何度も繰り返されると、肌の内側では隠れた乾燥が進行してインナードライに陥ってしまいます。

また、湿度が高く肌が汗ばんでベタベタしてると、どうしても、一見潤っているように感じるので、ついつい保湿ケアを怠ってインナードライに拍車をかけてしまうケースも少なくありません。

インナードライを放置していると思わぬツケが!!

この、隠れた乾燥…インナードライ、気づかず放置していると、肌内部で生まれる角質細胞が健全な状態に維持されることができず、脆く不揃いになり、バリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると当然、紫外線や梅雨時期特有の細菌、摩擦や温度差などの外部刺激にも敏感に反応してしまい、赤みやかゆみ、痛み、肌荒れなどの肌トラブルへとつながっていくのです。

インナードライって、けっこう怖いです。
決して侮らず日頃のケアで予防を心掛けたいものです。

どうすれば防げる??インナードライ

では、どうすればインナードライを防げるのでしょうか?
十分な保湿を心がける事はもちろん一番大切なのですが、実は、洗顔が重要な役割を担っています。
そこで、ここでは、インナードライを防ぐ洗顔のポイントをまとめてみました。

Point①洗い過ぎに注意

インナードライに陥った肌は水分量が少ない分、皮脂を分泌して肌表面を潤わせようとするため、ベタベタやテカリが目立ってしまうようになります。
ですが、ベタベタするからといって頻繁に洗顔をすると、皮脂の取り過ぎが起り、さらに皮脂が活発に分泌されベタつくといった悪循環を繰り返してしまうのです。
過度な石けん洗顔は、控えるようにしましょう。

Point②洗い方に注意

インナードライ状態の肌は、外部刺激に著しく敏感になっています。
摩擦などの刺激は絶対厳禁!洗顔の時もゴシゴシ肌を擦らないように気を付けてください。
ゴシゴシ洗いは摩擦ストレスだけではなく、色素沈着にもつながってしまうので、肌に直接指が触れないように、泡を転がすようにして優しく優しく洗うよう心がけてください。

Point③すすぎ方に注意

すすぎは洗顔よりも大切と言っても良いくらい重要。
洗顔料の取り残しは肌を荒らして乾燥の原因につながります。
すすいで泡は消えていても洗浄成分は残っていますから、泡が無くなってからも、さらに流水で十分すすぐようにしてください。

Point④すすぎの温度に注意

熱いお湯はPoint①でもお伝えした皮脂の取り過ぎにつながります。
すすぎは体温より低いぬるま湯を使うようにすると良いでしょう。
洗顔

以上の4つのポイントを気にかけて洗顔するだけでインナードライはかなり防ぐことができます。
皆さまも、よろしければ、この機会に洗顔の仕方を見直してみてください。

ところで、今回お伝えした気にかけなければならない4つのポイントの全てを解決してくれる洗顔方法があります。
それは…手前味噌になってしまうのですが、「ULUシェイクモイストミルク」のふき取り洗顔です。
「ULUシェイクモイストミルク」のふき取り洗顔はイオンの働きで潤いは残して汚れだけを吸着して取り除いてくれる洗顔法なので、洗い過ぎで皮脂が奪われることも、こすり過ぎで刺激を与えることもありません。
しかも、サッと拭き取るだけ!すすぎの必要もないので、とても手軽なのです。

使い方の詳細はこちらからどうぞ!

ちょっと、売り込んでしまいましたが、よろしければ、ぜひお試しください。

最後に…

梅雨が明ければ、今度は夏の過酷な日差しが肌に照り付ける紫外線シーズンに突入します。
梅雨の肌トラブルを夏に持ち越さないためにも、ポイントを気にかけて洗顔をしてみてください。
シェアする