ULU(ウルウ)赤ら顔や乾燥肌、敏感肌に悩む人たちを一人でも多くきれいに。
2018/07/30

【医師監修】肌がつっぱっていてキメがない!ビニール肌になっている可能性も

ビニール肌悩み

稲葉岳也医師

監修医師:いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医

ツヤのある美肌は女性の永遠の憧れでしょう。しかし、この「ツヤ」と似ていて勘違いをしてしまう人の多い「ビニール肌」。
ビニール肌は、ツヤ肌とは似て非なるものです。「ツヤツヤしているけど、肌がつっぱっている」「ツヤ肌のはずなのに、肌トラブルが多い」こんな人は、ビニール肌になっているかもしれません。放置しておくと、シミやたるみなどの肌の老化を招くおそれがあります。
ビニール肌とは何か、その原因や改善方法と合わせて紹介します。

ビニール肌とは?

あらゆる肌トラブルの危険があるといわれるビニール肌。ビニール肌とはどういった状態の肌をいうのでしょうか。

ビニール肌の概要

本来、美肌といわれるツヤ肌は、潤いがあってみずみずしい状態によってツヤが生まれています。それに対して、ビニール肌のツヤは肌全体が薄くなっていることが原因です。
ビニール肌は角質がはがれることによって、肌が薄くなり、キメがなくなる症状です。鏡でよく見ると、肌のキメがなくなっていることがわかります。

ビニール肌の判断基準

ビニール肌かどうかセルフチェックをすることができます。こんな症状に当てはまったら、ビニール肌になっているかもしれません。
まず、自分の肌を間近で見てみましょう。肌のキメがない場合は、ビニール肌の可能性が高くなります。他にも、「肌がいつもピリピリする」「洗顔後の肌がつっぱる、テカテカする」というような症状は、ビニール肌の特徴です。

ビニール肌の原因

肌全体が薄くなるという危険な状態であるビニール肌の原因は、「お手入れのし過ぎ」なのかもしれません。
ビニール肌の原因の1つとして、刺激の強い洗顔やスキンケアが考えられます。肌は摩擦や刺激にとても敏感です。メイクをしっかり落とそうとして、洗浄力の高すぎるクレンジングを使い続けると、肌に必要な水分や皮脂まで落としてしまいます。
そして、過度な角質ケアも皮膚を薄くしてしまう原因となります。ピーリングは、自宅でも手軽にできて効果を感じやすいので、人気がありますが、やりすぎは禁物です。商品の説明書に従って使用しましょう。そして、ピーリング後の肌の状態をよく観察することが大切です。
他にも、日焼けやストレス、生活習慣の乱れによってターンオーバーが早くなることもビニール肌の原因です。ターンオーバーを促進させるのが美肌にとってよいとされていますが、早すぎてもいけません。ターンオーバーが早くなることで、未熟な肌が肌の表面に出てきてしまい、角質が育たなかったり、キメが荒くなったりするのです。また、未熟な肌は皮脂をためこんでしまうため、ニキビの原因にもなります。

ビニール肌を改善するための方法

ビニール肌は、スキンケアのやりすぎが原因かもしれません。ビニール肌を改善するためにはどのような治療やケアをしたらいいのかを紹介します。

刺激を与えず洗顔する

ビニール肌は肌表面が薄くなっている状態なので、刺激にとても敏感です。洗顔料は、洗浄力の高い洗顔料はさけたほうがよいでしょう。洗浄力の高い洗顔料は界面活性剤も多く配合されています。その分だけバリア層を壊してしまい、ビニール肌を悪化させることになるのです。
クレンジングや洗顔をする時には、刺激の少ない穏やかな洗浄剤を選ぶようにしましょう。また、ふき取りタイプの洗顔料も、低刺激で潤いを残してくれます。ふき取りタイプの洗顔料は、バリアを壊す界面活性剤を用いずにイオンの働きで潤いを残し、汚れだけを吸着させます。
また、洗いすぎや落とし過ぎ、擦り洗いもバリア層を壊してしまうのでよくありません。洗いすぎることなく、優しく洗いましょう。

しっかり保湿する

優しく洗顔をしたあとは、きちんとスキンケアをすることが大切です。ビニール肌は肌が薄くなってバリア層が壊れた状態です。
バリア層の健全な厚みと修復のためにバリアの主成分であるセラミドを補うことが大切です。バリア機能が整えば、ほこりや乾燥などの外部刺激から肌を守り、肌荒れのしにくい肌になることができます。さらに、セラミドには水分をつなぎとめる役割があるので、肌も潤ってキメが整います。セラミドを補う働きのあるスキンケアをするようにしましょう。

肌を育てる栄養を摂る

ビニール肌の改善には、肌のバリア機能を高めるコラーゲンやセラミドを取り入れることが重要となります。化粧水や美容液などに含まれている場合もありますが、食事からも摂取することが可能です。
セラミドは、こんにゃく芋に多く含まれるといわれています。他に、含有量が高いのは、米ぬかや小麦胚芽、牛乳などです。コラーゲンについては、手羽先や牛タン、ウナギなどに多いといわれています。セラミドやコラーゲンの多く含まれる食事を積極的に摂取し、肌のバリア機能を高めましょう。

規則正しい生活習慣を身につける

ストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れは、ターンオーバーを早めてしまう原因になります。
睡眠中には、成長ホルモンが多く分泌されます。この成長ホルモンは、体の組織を作るだけではなく、ターンオーバーを正常な期間へと整えてくれる作用があるのです。睡眠時間をしっかりとって、ストレスをためないようにし、お肌を健康に保ちましょう。

ビニール肌になりやすいNGなケア

ビニール肌になりやすい、やってはいけないケア方法があります。普段のお手入れ方法を見直してみましょう。

NGな洗顔方法

泡立てないで指で肌をゴシゴシこすったり、タオルでゴシゴシ肌をこすったりする洗顔方法はNGです。
洗顔をするときは、洗顔料をしっかり泡立てて、優しく洗いましょう。それだけでも、肌の汚れは十分落ちます。肌の汚れをしっかり落とそうとしてやりがちなNGケアですが、洗顔は肌に刺激を与えないことが基本です。

NGなスキンケア方法

ビニール肌になりやすいNGなスキンケアとして、ピーリングや添加物の多い化粧品があげられます。
毛穴の汚れを剥がして引っこ抜くタイプのパックは、肌に必要な角質まで剥がしてしまうので、ビニール肌にはよくありません。特に、鼻は皮脂腺が集中しているため、ピーリングやパックをしてしまう人も多いでしょう。その結果、鼻だけがビニール肌になってしまう人もいます。
また、添加物の多い化粧品は、皮膚を薄くしたりバリアを壊したりするので添加物の少ない化粧品を使用するようにしましょう。そして、お手入れ中も肌を擦らないように注意することが大切です。

ビニール肌のメイクのポイント

ビニール肌を改善するためにはメイク方法にもコツがあります。ビニール肌は肌荒れや敏感肌になっている場合が多いので、なるべく薄化粧にして肌への刺激を最低限に抑えることが大切です。そのため、休日はなるべくノーメイクで過ごすことが望ましいです。人前に出るときなど、どうしてもメイクをしなければいけないときには、メイク前にしっかり保湿をしたり、敏感肌用のコスメで薄くメイクをしたりするようにしましょう。敏感肌用にすることで、肌のピリピリ感を抑えることができます。
そして、紫外線対策をしっかり行うことも重要です。紫外線は、肌に優しいタイプの日焼け止めクリームを塗って、ファンデーションは薄く仕上げましょう。リップを濃い目に塗ると、アイメイクやチークが薄くても、メイクのきちんと感を出すことができます。

ビニール肌を防ぐには正しいお手入れが必要不可欠

ビニール肌の人の多くは、スキンケアに手をかけすぎている人です。メイクをしっかり落としたり、油分を落としたりすることに目が行きがちですが、やりすぎると大切な角質や皮脂まで落としてしまうことになります。その結果、ターンオーバーを早め、バリア機能が低下することにもつながるのです。
肌に良かれと思っているお手入れがビニール肌の原因なので、スキンケアのやりすぎには注意しましょう。

監修医師

稲葉岳也医師

いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医
– – – – –
東京慈恵会医科大学卒業後、2004年に、いなばクリニックを開業。
耳鼻咽喉科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、形成外科、内科、アレルギー科を主体とした総合アンチエイジングクリニックです。
レーザー治療、アンチエイジング治療の専門であることから、最新のレーザー機器を導入し、最先端医療を担った治療を行っております。
また、かかりつけ医として、地域への密着を目指したクリニックです。

おすすめ記事

シェアする