ULU(ウルウ)赤ら顔や乾燥肌、敏感肌に悩む人たちを一人でも多くきれいに。
2018/07/30

【医師監修】慢性的な脂性肌で顔がテカテカ!改善するためのスキンケア方法

オイリー肌

稲葉岳也医師

監修医師:いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医

女性の肌の悩みで、常に上位にランクインする「脂性肌」。それだけ多くの女性が、抱え続けている悩みだといえます。
脂性肌は、皮脂が過剰に分泌されているために、起こる肌トラブルの1つです。過剰な皮脂を取り除けばおさまると思っている人も多いでしょう。
ところが、この対策がさらに皮脂の分泌を促しているかもしれません。
脂性肌の悩みを解消するためには、脂性肌の原因を知ることが大切です。ここでは、原因と改善するための対策方法などを解説します。

脂性肌の特徴

脂性肌の大きな特徴としては、顔がいつもベタベタしたり、常にテカリが気になったりすることがあげられます。また、皮脂が過剰に分泌されることで、メイクがすぐに崩れてしまうのも脂性肌の特徴です。
朝したメイクが昼になると崩れてしまう場合は要注意です。さらに、皮脂が増えることで毛穴がつまり、ニキビができる原因にもなりかねません。
脂性肌は見た目にも分かりやすいため、すぐになんとかしたいと思う人も多いでしょう。脂性肌は、原因を知ることで改善が見込めるのです。

脂性肌の原因

多くの女性を悩ませる脂性肌の原因とは何か、詳しく解説していきます。思い当たる部分がないかチェックしてみてください。

乾燥による皮脂の過剰分泌

脂性肌の原因1つは、意外とも思われるかもしれませんが乾燥です。
肌が慢性的に乾燥していると、肌を潤わそうとするため、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。その結果、顔全体がいつもベタベタしている状態になるのです。
コンディションのいい肌は水分と油分のバランスがとれた肌だといわれています。そのため、皮脂も大切な役割を担っています。皮脂を取り除くのではなく、肌に潤いを与えてあげるとよいでしょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れも、脂性肌の原因となります。
ストレスや睡眠不足が続くと、男性ホルモンが活発になり、脂性肌になってしまうのです。また、男性ホルモン増加は、皮脂が多くなったり毛深くなったりする原因となります。
家事や仕事に忙しい女性も多く、ストレスを抱えていたり、十分な睡眠をとれていなかったりすることが多いかもしれません。適度に息抜きをしたり、少し早めに就寝したりするなど、心と体を少し休ませてあげましょう。

食生活

体を作るのは食べ物です。肌ももちろん、食生活の影響を受けています。砂糖や生クリームなどをたっぷり使ったスイーツ、天ぷらやカツのような揚げ物など、甘いものや脂っこいものを頻繁に食べていると、脂性肌になります。
油にも大切な栄養素が含まれているので、健康な体や肌を作るのは必要ですが、取りすぎは禁物です。脂肪をためこむことにもなるので、ダイエットにもよくありません。摂取するのであれば、酸化した油ではなく、オリーブやサーモンなどの良質なオイルの方が肌にいいといわれています。

脂性肌を改善するための洗顔方法

脂性肌を改善するには、脂性肌に合った洗顔をすることが大切です。ここでは、効果的な洗顔の方法を紹介します。

脂性肌に適した洗顔方法

脂性肌の場合は、洗うタイミングや洗う方法が重要です。顔のベタつきが気になるからといって、頻繁に洗いすぎたり、油分を落とし過ぎたりするのは、過剰皮脂の原因になりかねません。また、洗顔をするときには刺激の少ない穏やかな洗浄剤を選ぶことが大切です。
もしくは、静菌効果を備えたもので、潤いを残し汚れだけを吸着させるふき取り洗顔を使用するのもいいでしょう。

洗顔時の注意点

洗顔をするときに注意しなければならないのは、刺激を与えないように洗うことです。
肌への刺激の少ない、泡洗顔や拭き取り洗顔を使用して、優しく洗うようにしましょう。ゴシゴシ擦ったり刺激を与えたりすると摩擦で皮膚が傷つき、肌が荒れてしまいます。
泡洗顔や拭き取り洗顔を使用すれば、優しく洗っても汚れは十分に落とすことができるので、洗いすぎないように注意しましょう。

脂性肌を改善するためのスキンケア方法

キレイに肌の汚れを落としたら、次はスキンケアです。脂性肌を改善するためのスキンケア方法を解説します。

スキンケアの流れ

まず、手のひらに100円玉ほどの化粧水を垂らして、手のひらで温めます。そして、顔全体に化粧水をなじませます。これを3回繰り返すようにしましょう。人肌に温めた化粧水は肌への浸透もよく、3回繰り返すことで、肌の内部まで水分をいきわたらせることができます。
十分に肌を潤したあとは、フタをします。化粧水の有効成分と潤いを封じ込める保護膜(皮脂膜)を補強するためのクリームをなじませましょう。こうすることで、潤った水分を逃がすことなく、肌に留めておくことができるのです。

スキンケアの注意点

スキンケアにも気を付けるべきポイントがあります。
乾燥肌やホルモンバランスの乱れで肌が荒れている場合は、コットンでスキンケアをすると刺激になる可能性があります。掌のぬくもりを利用して、ハンドプレスでなじませましょう。刺激を与えず効果的につけることができます。
また、脂性肌だからといって保湿をしないのはよくありません。化粧水で十分に補ったはずの水分が蒸発し、脂性肌が余計に悪化してしまう恐れがあります。

毛穴が気になる場合の対処法

毛穴が気になる場合の対処法もご紹介します。
脂性肌だと頬や鼻の毛穴が大きくなってブツブツしているときがあります。このような場合は、性急に解決したくなりますが、毛穴の汚れはパックなどで強引にはがしてはいけません。汚れの他に、肌に必要な皮脂や角質まではがれてしまいます。毛穴を広げてしまうので、さらに大きな角栓を作ってしまうという悪循環に陥ることになるのです。
毎日の正しい洗顔と保湿ケアで地道なケアをしていきましょう。

脂性肌の人におすすめの化粧方法

脂性肌だと、皮脂の分泌が多いため、化粧崩れが気になる人も多いでしょう。ここでは、崩れにくいメイクアイテムと化粧方法を紹介します。
まず、スキンケア後に使う化粧下地を皮脂吸着型のものにしましょう。そうすることで、余分な皮脂を吸着することでテカリをおさえ、ファンデーションの持ちをよくすることができます。ファンデーションも厚塗りしないことが重要です。皮脂の過剰分泌でファンデーションがドロドロに崩れる可能性があるため、薄くナチュラルに仕上げましょう。

脂性肌を改善するために日常生活で気をつけること

脂性肌を改善するためには、日常生活で気をつけるべきポイントがあります。そのポイントについて説明します。

規則正しい生活

スキンケア以外の脂性肌対策として、ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活を送ることが大切です。
毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるなどして、睡眠時間はたっぷり取りましょう。そして、ホルモンバランスにはストレスも大敵です。ストレスが溜まったら、なるべくその日のうちに発散する方法を考えるようにしましょう。ストレスを解消することで、睡眠の質も良くなります。

バランスの取れた食生活

バランスの取れた食生活も脂性肌対策として重要です。甘い物や揚げ物は控えて、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜中心の生活を心がけましょう。
また、良質なタンパク質は肌を作るのに役立ちます。鶏のもも肉は脂分が多いので、ささ身や胸肉などを食べると効果的です。さらに、豆腐から摂取できるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、たんぱく質を補いながらホルモンバランスを整えてくれます。
さまざまな栄養素を取り入れ、バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

脂性肌は普段の生活改善が鍵

脂性肌は女性にとって大きな肌悩みの1つですが、その原因の多くは乱れた生活習慣や間違ったスキンケアによるものです。
食生活や日常生活、スキンケアを見直すだけでも、脂性肌の改善が見込めます。心当たりのある人は、ぜひ生活の見直しを始めてきれいな肌を手に入れましょう。

監修医師

稲葉岳也医師

いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医
– – – – –
東京慈恵会医科大学卒業後、2004年に、いなばクリニックを開業。
耳鼻咽喉科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、形成外科、内科、アレルギー科を主体とした総合アンチエイジングクリニックです。
レーザー治療、アンチエイジング治療の専門であることから、最新のレーザー機器を導入し、最先端医療を担った治療を行っております。
また、かかりつけ医として、地域への密着を目指したクリニックです。

おすすめ記事

シェアする