ULU(ウルウ)赤ら顔や乾燥肌、敏感肌に悩む人たちを一人でも多くきれいに。
2018/09/27

【医師監修】脂漏性皮膚炎のセルフケアにおすすめ!ビタミンで皮脂の分泌量を抑えよう

ビタミンB6を多く含む食材

稲葉岳也医師

監修医師:いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医

「脂漏性皮膚炎にはビタミンがいい」と聞いたことはありませんか。脂漏性皮膚炎の原因や医療機関での治療法を知ることで、ビタミンにどのような効果があるのかを理解することができるのです。また、ビタミンと一言でいっても、ビタミンCやビタミンB2などたくさんの種類があります。脂漏性皮膚炎にはどのビタミンがいいのか、どのビタミンがどの食材に多く含まれるのかを説明していきます。食事からビタミンを摂取することで、脂漏性皮膚炎のセルフケアにもなるでしょう。

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎とは、フケ症やあぶら症の体質からくるカサカサした慢性湿疹のことです。頭に大きなフケがあったり、顔に細かい皮が張りついていたりする状態や、赤みがある場合も脂漏性皮膚炎になります。脂漏性皮膚炎は、誰の肌にもいる皮膚の常在菌「マラセチア真菌」が皮脂をエサにして増殖します。そして、皮脂を分解するときに炎症を引き起こす脂肪酸を生み出すのです。脂漏性皮膚炎は慢性的で、一度症状が出ると自然に治すのは困難です。そのため、適切なケアをする必要があるのです。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因として、遺伝や年齢、生活習慣が考えられます。ここでは、その原因について詳しく説明をしていきます。

遺伝による脂漏体質によるもの

遺伝的、体質的に皮脂が多い状態を脂漏体質といい、皮脂の分泌が多くなります。そのため、
親が脂漏体質である場合、他の人よりも脂漏性皮膚炎になりやすいと考えられています。

年齢によるもの

年齢も脂漏性皮膚炎に関係があります。思春期以降はホルモンの影響で皮脂が増え、脂漏性皮膚炎が生じやすくなります。そのため、中年以降の男性は年齢が増すほど男性ホルモンが優位になる傾向があり、その結果皮脂が増えて症状が増すことになるのです。

生活習慣によるもの

生活習慣も原因の1つです。ストレスや過労、睡眠不足、便秘などにより悪化します。また、入浴や洗髪の不足や不適切な洗い方なども脂漏性皮膚炎を悪化させる要因です。また、食事の面では、脂っぽい食事やアルコールを多く摂取したり、野菜不足になったりすると、脂漏性皮膚炎を発症・進行させる恐れがあるといわれています。

脂漏性皮膚炎の主な症状

脂漏性皮膚炎の主な症状として、頭のフケが多くなることがあげられます。そして、眉毛や鼻周り、こめかみ、耳の裏が赤くなったり、脂っぽい細かな皮がこびりついたりします。また、この部分にかゆみが出ることもあるのです。見た目も気になりますが、かゆみがあると普段の生活にも支障が出てきます。できるだけ、早めにケアをすることが大切です。

医療機関で行われる脂漏性皮膚炎の治療法

医療機関で行われる脂漏性皮膚炎の治療法は、いくつかあります。その1つが炎症を抑えるステロイドの処方です。そして、マラセチア真菌の活動を抑える抗真菌薬の処方、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬の処方です。また、皮脂の分泌を抑えるビタミン剤の処方もされます。医療機関でも、ビタミンは皮脂の分泌を抑えるのに効果があるとされているのです。

脂漏性皮膚炎の改善にはビタミンB2・B6を積極的に摂取しよう!

薬は医療機関を受診しないと処方してもらえません。しかし、ビタミンを摂取することはセルフケアでも行えます。ビタミンCを摂取するのはもちろん、脂漏性皮膚炎を改善するには、特にビタミンB2やB6を食事から積極的に取り
ましょう。

ビタミンB2の働き

ビタミンB2は、脂質の代謝に深く関わっています。皮脂の分泌を調節する作用があるので、別名「皮膚のビタミン」と呼ばれているのです。しかし、ビタミンB群の中でも不足しやすい傾向があり、普段からビタミンB2が多く含まれている食事をすることが望ましいといわれています。また、アルコールを取ると脂質の代謝が悪くなるので、いつも以上にビタミンB2を補う必要があります。

ビタミンB2が多く含まれる食材

ビタミンB2が多く含まれる食材は、牛肉、豚肉、鶏などのレバーなどの肉類やウナギがあげられます。また、納豆や牛乳、ヨーグルトにもビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2は体内で作り出すことはできないので、これらの食材を積極的に取りましょう。

ビタミンB6の働き

ビタミンB6は、細胞の新陳代謝を促すはたらきがあります。ビタミンB6が不足すると、皮膚疾患、神経障害、ビタミンB6反応性貧血になることがあるので、脂漏性皮膚炎のためだけではなく、普段から摂取していきたいビタミンです。また、水溶性のビタミンとしてはめずらしく、知覚神経障害などを引き起こす過剰症があるといわれています。ですが、食物から取るぶんには過剰症の心配はありません。

ビタミンB6が多く含まれる食材

ビタミンB6は、肉類に多く、特に牛レバーにたくさん含まれています。魚では、マイワシやマグロの赤身、カツオに豊富です。また、ニラやバナナからも、多く摂取することが可能です。バナナには、ビタミンCや食物繊維も含まれているので、便秘や肌荒れに良い栄養素です。

脂漏性皮膚炎の改善のために日常生活で気をつけたいこと

脂漏性皮膚炎の原因としてあげられる、遺伝や年齢は変えることができません。しかし、原因の1つである生活習慣は自分で変えることが可能です。ここでは、日常生活の中で気をつけたいポイントを説明します。

脂質を増やす食べ物を避ける

脂漏性皮膚炎を改善するには、脂質の分泌を増やさないようにすることが大切です。そのため、脂質を増やすといわれている食べ物を避ける必要があります。脂肪分や糖分を控え、ナッツ、コーヒー、アルコール、そして香辛料などの取りすぎを避けましょう。

便秘にならないように気をつける

便秘になると毒素が腸内にとどまって、善玉菌の減少や悪玉菌の繁殖を招きます。そして、悪玉菌から発生されたガスが血中に取り込まれ、湿疹などの肌トラブルを引き起こすのです。また、腸内環境が悪くなると免疫力が低下し、脂漏性皮膚炎の悪化にもつながります。そのため、脂漏性皮膚炎を悪化させないためには、便秘にならないことが重要です。便秘にならないように、食物繊維を含む食事を積極的に取りましょう。

規則正しい生活をする

脂漏性皮膚炎の改善には、睡眠不足を解消し、生活習慣を見直すことも大切です。肌にとっての睡眠は、栄養補給と老廃物の清掃が行われる大切な時間になります。肌の再生・回復・修復は睡眠中に行われているのです。したがって、脂漏性皮膚炎の改善にも一定の睡眠時間が必要になります。また、睡眠時間だけではなく、睡眠の質も大切です。ストレスや過労にも十分に注意し、規則正しい生活を心がけ、一定の睡眠時間は確保しましょう。

清潔を保ち患部に刺激を与えない

洗顔と洗髪を正しく行い清潔を保つことも、脂漏性皮膚炎の改善に大切なことです。しっかり洗おうとゴシゴシ洗顔をしてしまうと、本来必要な皮脂が落ちてしまい、少なくなった皮脂を補おうと皮脂量が増えてしまいます。それを防ぐためにも、よく泡立てた石鹸とぬるま湯で洗い、清潔なタオルで優しく抑えるように拭きましょう。乾燥すると皮脂が増えてしまうので保湿することが大切です。潤いを奪わず、汚れだけをイオンのはたらきで取り除く拭き取り洗顔もオススメです。洗髪も同じように指の腹でやさしく洗い、ドライヤーで頭皮をしっかり乾かすようにしましょう。

脂漏性皮膚炎は皮膚科での治療を中心にセルフケアも取り入れよう

脂漏性皮膚炎は、セルフケアを行うことで改善が期待できます。遺伝や年齢だけではなく、生活習慣も脂漏性皮膚炎の原因となるので、普段の生活やセルフケアの方法を見直すことも大切です。しかし、脂漏性皮膚炎は、慢性化しやすく治療が長引く病気です。そのため、気になる症状があれば、皮膚科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。そして、皮膚科での治療を中心にセルフケアも併せて行うことをオススメします。

監修医師

稲葉岳也医師

いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医
- - - - -
東京慈恵会医科大学卒業後、2004年に、いなばクリニックを開業。
耳鼻咽喉科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、形成外科、内科、アレルギー科を主体とした総合アンチエイジングクリニックです。
レーザー治療、アンチエイジング治療の専門であることから、最新のレーザー機器を導入し、最先端医療を担った治療を行っております。
また、かかりつけ医として、地域への密着を目指したクリニックです。


おすすめ記事

シェアする