ULU(ウルウ)赤ら顔や乾燥肌、敏感肌に悩む人たちを一人でも多くきれいに。
2018/09/26

【医師監修】ニキビによる赤ら顔の原因

ニキビで悩む女性

稲葉岳也医師

監修医師:いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医

ニキビができると赤みが残ってしまう原因は「炎症」にあります。まず、ニキビができるメカニズムについてご紹介しましょう。ニキビとは、毛穴が皮脂や汚れによって塞がってしまうことでできます。炎症が起こっていないニキビのことを「白ニキビ」と呼び、清潔な器具を使って潰すことでキレイに治ることも多いです。白ニキビの状態から、毛穴の内部でアクネ菌が繁殖し炎症を起こすと「赤ニキビ」になります。赤ニキビは、メイクでカバーしにくく、白ニキビよりも目立ちやすいことが特徴です。炎症がひどくなると「黄ニキビ」や「紫ニキビ」になってしまう場合もあります。
黄ニキビや紫ニキビをキレイに治すためには、病院での治療がオススメです。塗り薬の他にも抗生剤などの内服薬を処方されるケースも多くなります。
ニキビの種類の中でも、色素沈着が残ってしまいやすいのは「赤ニキビ」や「黄ニキビ」、「紫ニキビ」などの炎症を伴うニキビです。炎症の後が肌の内部に残り色素沈着が起こってしまいます。そして、色素沈着を繰り返すと赤ら顔になってしまうのです。

ニキビによる赤ら顔対策について

ニキビができると赤みが残ってしまう原因は「炎症」にあります。肌に色素沈着を残さないためには「ニキビを作らないこと」と「ニキビを悪化させないこと」がポイントです。
まず、ニキビを作らないためには「肌を清潔に保つ」、「肌を乾燥させない」ことがポイントになります。ニキビができる原因というと、「皮脂過多」を思い浮かべる人もいると思います。ですが、肌が乾燥しているとターンオーバーが正常に行われなくなるため角質が溜まりやすくなります。毛穴を塞ぐ原因になるため、ニキビができやすくなってしまうのです。
ただし、肌の乾燥を防ぐための保湿ケアは大切ですが、油分が多いものは毛穴を塞いでしまいます。スキンケアアイテムを選ぶときには、油分が少ない保湿ケアアイテムを選びましょう。

繰り返しできるニキビを防ぐ方法について

肌を清潔に保ち、きちんと保湿をしていても繰り返しニキビができてしまうケースもあります。繰り返しできる大人ニキビをケアするためには、「食生活の見直し」や「規則正しい生活を送る」ことが大切です。
大人ニキビが繰り返しできる原因はホルモンバランスの乱れが原因です。睡眠の時間にばらつきがあり生活が不規則になってしまっている場合、自律神経のバランスが崩れやすくなります。自律神経のバランスが崩れてしまうと、ホルモンの分泌が正常に行われなくなってしまいます。ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌も盛んに行われやすくなるため、ニキビができてしまうのです。
規則正しい生活を送るためには、睡眠環境の見直しが大切です。毎日同じ時間帯にベッドに入り、睡眠のリズムを整えましょう。
また、肌を作っているのは食べ物から摂取した栄養素です。肌を健康に保ち大人ニキビを予防するためには「L-システイン」、「乳酸菌」、「マルチビタミン」などの栄養素を摂取することが大切です。肌のターンオーバーを正常化させたり、肌を健やかに保つことをサポートしたりする効果があります。

色素沈着を起こして赤ら顔になった場合のケア方法

ニキビによる赤ら顔は、基本的なスキンケアをしていても改善されないこともあります。色素沈着を起こし赤ら顔になってしまった場合は具体的にどのようなケアを行うことが大切なのでしょうか。ケア方法について解説をします。

肌のターンオーバーを正常にする

色素沈着の症状を緩和するためには、肌のターンオーバーを正常化させることが大切です。肌は、ある一定のサイクルで生まれ変わることを繰り返しています。肌の奥にある基底細胞の中で作られた肌は時間と共に上に押し上げられ、やがて角質として剥がれ落ちます。このサイクルが「肌のターンオーバー」です。
ターンオーバーが乱れてしまうと、肌がきちんと生まれ変わることができません。肌の外側にある「角質」がきちんと剥がれ落ちないために、毛穴が詰まりニキビができやすくなってしまうのです。ニキビが炎症を起こすとニキビ跡になってしまいます。
20代の場合、肌のターンオーバーは28日周期で起こるといわれています。ターンオーバーの周期は、年齢を重ねるにつれて遅くなり、人によってもばらつきがあります。
また、肌のターンオーバーが乱れると、肌の内部に残った炎症が外に排出されず色素沈着も薄くなりません。それどころか、色素沈着が薄くなる前に新しいニキビができてしまうケースもあります。ニキビや色素沈着の症状を改善するためには、肌のターンオーバーを正常化させることが必要不可欠です。

病院に相談する

頑固な色素沈着に悩んでいる人は、「病院に相談すること」も1つの方法といえます。ニキビによる赤ら顔は病院で治療を行うことができるのです。ニキビによる赤ら顔の治療としては「光治療」が取り入れられている場合もあります。
光治療とは「IPL」(インパルスライト)と呼ばれる光を当て、赤みや色素沈着を軽減させる治療方法のことです。治療時間は20分ほどで済み、施術後すぐにメイクもできます。
IPLによる光治療を受けると、直後に赤みやひりつきが出ることもあります。ただし、一時的な症状であるため心配する必要はありません。また、ニキビの症状によっては光の照射ができない場合もあるため注意しましょう。

ニキビによる赤ら顔をメイクでカバーする方法

メイクでニキビによる赤ら顔をカバーするときには「コントロールカラーを使うこと」がポイントです。コントロールカラーとは、ファンデーションをのせる前に、肌の全体的な色合いを補正するメイク下地を指します。コントロールカラーには、ブルーやピンク、イエロー、グリーン、パープルなどの色があります。
コントロールカラーを使うときにはファンデ―ションを使用する前に肌にのせましょう。自分の肌の色に合ったコントロールカラーを見付け、肌の色を補正した後にメイクをすること大切です。ニキビが気になる人は、油分が少ないタイプの製品を選ぶと良いでしょう。

メイクでニキビを悪化させないための注意点

ニキビを悪化させないためには「メイク道具を清潔に保つ」、「眠る前には必ずメイクを落とす」などが大切です。ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を防ぐためにも、顔に触れるものは清潔さを保つことを心がけましょう。
メイクをしたまま眠ってしまうと、ファンデーションなどで毛穴が塞がりニキビが悪化する原因に繋がります。シートタイプのメイク落としを寝室に置いておくなど工夫をすることで、メイクの落とし忘れを回避できます。”

ニキビを繰り返さないよう念入りなケアを

ニキビによる赤ら顔を改善するためには「ニキビの発生と悪化」を予防することが何よりも大切です。そのためにも、ニキビができるメカニズムや炎症を悪化させないためのポイントを知っておくと良いでしょう。
また、できてしまった色素沈着は改善するのに時間がかかってしまう場合もあります。即効性を求める人は、病院で治療を受けるのも1つの選択です。病院での治療に抵抗がある人は、基礎化粧品を変えるなどしてケアを行うのもおすすめです。
ニキビによる赤ら顔はメイクアップでカバーをすることもできます。メイクをするときには、コントロールカラーを使用し肌の色を補正するようにしましょう。メイク用品は清潔に保つためにも小まめに洗ったり買い替えたりするのが望ましいです。メイクとケアで赤ら顔の悩みをカバーし、楽しく毎日を過ごしましょう。

監修医師

稲葉岳也医師

いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医
- - - - -
東京慈恵会医科大学卒業後、2004年に、いなばクリニックを開業。
耳鼻咽喉科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、形成外科、内科、アレルギー科を主体とした総合アンチエイジングクリニックです。
レーザー治療、アンチエイジング治療の専門であることから、最新のレーザー機器を導入し、最先端医療を担った治療を行っております。
また、かかりつけ医として、地域への密着を目指したクリニックです。


おすすめ記事

シェアする