お肌に悩む人たちを、一人でも多くきれいに。

2018/05/24

紫外線アレルギーかも?そんな時はご相談ください。

日差し

日差しが気になる季節になりましたね。
こんにちは!カスタマーサポートの石川です。

3月頃からでしょうか、お客様からのご相談で、
「日光に当たると肌が赤くなる。日光アレルギーかもしれない」
「皮膚科で紫外線アレルギーと診断された」

というお声が増えてきたように感じます。

紫外線アレルギーとは?

紫外線アレルギーは、日光アレルギーや光線過敏症とも呼ばれ、
日光に当たった部分の皮膚に痒み・赤みや発疹を生じたり、
じんま疹、目の充血・かゆみ、まぶたの腫れ、頭痛、
眼精疲労による吐き気などのアレルギー症状を引き起こします。

私も強い日差しの下に長時間いると、
のぼせて赤みが出たり、眼精疲労から頭痛になることがありますが、
それが数十分・数分外出しただけで、しかももっと深刻な症状で…
と考えると、本当にお辛い気持ちをお察しします。

紫外線アレルギーの原因は、
体質的なものや、湿布、化粧品など様々ありますが、
大量に紫外線を浴びることで発症することもあります。
そう、花粉症と同じメカニズムです。
紫外線の許容量が超えてしまうと、
ある日突然アレルギー反応が出てしまうんです。

紫外線アレルギーへの対策

一体自分の紫外線許容量はどれくらいなのか、
というのは、気になるところではありますが、
残念ながら計測することができません。
なので、普段から必要以上の紫外線は浴びないように
気を付けることが大切
なのだと思います。

日焼け対策

紫外線アレルギーは、一度発症すると
完治は非常に難しいとも言われているようです。

ULU(ウルウ)の商品は治療薬ではないので、
紫外線アレルギーがつけてすぐに治るというものではありませんが、
赤みなどの皮膚症状でお悩みのことがございましたら、
私どもアドバイザーにお気軽にご相談ください!
「お客様お一人おひとりに寄り添う」が
ULUカスタマーサポートのポリシーです。
お客様のお肌改善のお役に立てるよう、
微力かもしれませんが、全力でサポートさせていただきます!!

シェアする