ULU(ウルウ)赤ら顔や乾燥肌、敏感肌に悩む人たちを一人でも多くきれいに。
2018/09/27

【医師監修】酒さでもファンデーションは使える!肌状態と製品を見極めよう

ファンデーション

稲葉岳也医師

監修医師:いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医

「酒さ」になってしまうと、医師からメイクを止められたり、今まで使っていた化粧品類が合わなくなってしまうことがあります。それでも、仕事上メイクをしなければいけない、あるいは何とか赤みを隠したいといった事情から「ファンデーションを塗りたい」と思う方も多いのではないでしょうか。酒さの人でも、肌の状態や使うファンデーションの種類によっては、ファンデーションを使えるケースもあります。そこで、このコラムではファンデーションを使っても良いと考えられるケース、適切なファンデーションの選び方について解説します。

酒さの症状

酒さは頬や鼻、あご、額、眉間といった顔の中央部を中心に症状が出ます。そして、その症状は重症度によって以下の3つの段階に分類できます。第1病期は、顔の赤みが数時間から数日間持続した状態です。ほてりの症状も伴うことが多いです。第2病期では毛穴の周辺で炎症が起き、ニキビに似た赤い発疹が現れるようになります。もっとも重症の第3病期では鼻が赤く腫れ、しこりが見られるようになります。ただし、日本人ではここまで重症化するケースは少ないと言われています。第2・第3病期は、酒さの症状としては重症度が高く、医師の指示に従って症状を改善させることを優先したほうが良い段階です。肌への負担となるメイクは避けるべきでしょう。症状が赤み程度にとどまり、膿などが出ていない状態であれば、メイクは可能です。

酒さの人がファンデーションを選ぶときのポイント

酒さの方にとって、症状悪化の原因となる肌への刺激は厳禁です。ファンデーションを選ぶときも、なるべく肌に負担がかからないようなアイテムを厳選する必要があります。具体的には、落とすのが楽かどうか、UVカット効果があるか、油分の量といった点が問題になります。また、赤みをカバーするという意味では色味も大切です。

ダブル洗顔不要なものを選ぶ

酒さの人には、石鹸で簡単に落とせるタイプのファンデーションがおすすめです。洗顔は肌にとっては負担のかかる行為なので、ダブル洗顔をしないと落とせないファンデーションを使うと肌へのダメージが心配です。肌への負担を減らすためにも、クレンジング不要で洗顔のみで落とせる製品を選びましょう。

UVカット効果があるものを選ぶ

紫外線は酒さを悪化させる原因になります。そのため、日頃から日焼け止めを塗るなどの紫外線対策は必須です。ファンデーションのなかには日焼け止め並みにきちんとしたUVカット効果がある製品があります。こうしたファンデーションを日焼け止めの上に重ねて塗ることで、紫外線の害から二重に肌を守ることができます。

油分量は多くないものを選ぶ

酒さの場合、皮脂の分泌が過剰になっているケースがあります。そこに油分の多いファンデーションを塗ってしまうと、肌のテカリや化粧崩れの原因になります。さらに、酸化した油脂による肌への刺激も心配です。余計な肌トラブルを招かないためにも、パウダータイプの油分が少ないファンデーションを使うようにしましょう。

油分量は多くないものを選ぶ

酒さの場合、皮脂の分泌が過剰になっているケースがあります。そこに油分の多いファンデーションを塗ってしまうと、肌のテカリや化粧崩れの原因になります。さらに、酸化した油脂による肌への刺激も心配です。余計な肌トラブルを招かないためにも、パウダータイプの油分が少ないファンデーションを使うようにしましょう。

肌の色味にあったものを選ぶ

赤みがある部分は普段使っているものよりもイエローよりの色味を選ぶとカバーしやすいです。ただし、赤みがない部分も同じ色を使うと色浮きしてしまうので、その部分は普段使っている色味のファンデーションを使うのが無難です。赤みのある部分用、普通の肌色部分用の2色を肌の状態に合わせて使い分けることで、肌の色を効果的に補正できます。

ファンデーションの種類とカバー力

せっかくファンデーションを塗るのなら、高いカバー力のある製品でしっかり赤みを隠したいと考える人もいるかもしれません。しかし、一般的にカバー力が高いファンデーションのほうが、肌への負担は大きくなります。カバー力と肌への負担は比例するのです。ファンデーションのカバー力は上から順に、クリームファンデーション、リキッドファンデーション、パウダーファンデーション、ルースパウダー、ミネラルファンデーションとなっています。カバー力の高いファンデーションは落としづらいため、ダブル洗顔や洗浄力の強い洗顔料・クレンジングが必要です。肌への負担を減らしながらメイクしたいのであれば、多少カバー力が落としても肌に優しいタイプのファンデーションを使うのが正解です。

酒さの人が避けるべきファンデーションの成分

デリケートな酒さの肌に刺激を与えてはいけません。ファンデーションを選ぶときは成分表をよく読み、刺激の強そうな成分を避けるようにしましょう。具体的には、石油系合成界面活性剤、香料、防腐剤、シリコン、合成ポリマー、鉱物油になります。これらの成分が入っていないファンデーションを選ぶためには、敏感肌用やアトピー肌用の製品を探すのが近道です。

酒さの予防・改善に重要な洗顔とスキンケアのポイント

酒さの予防・改善のためには、ファンデーションを使う前後のスキンケアも重要です。酒さは摩擦や温度、刺激物といったものによる肌への刺激によって悪化します。洗顔やスキンケアのときにも、肌になるべく刺激を与えないように注意する必要があるのです。ここでは、酒さを悪化させないために押さえてほしい洗顔・スキンケアのポイントを紹介します。

刺激となる侵入物を避ける

酒さの人は肌バリアが不健全でバリア機能が低下しているため雑菌、汚れ、紫外線、スキンケアに配合されている添加物などの刺激を容易に侵入させてしまいます。スキンケアは無添加かつ天然成分で作られた安全性の高いもの、バリア層を修復し肌のバリア機能を高める「セラミド」などが配合されているものを選び、刺激となる侵入物を避けることをオススメします。また、無添加の下地クリームや白色ワセリンなどで保護膜を作りファンデーションの成分が直接肌に触れないようにすることも大切です。

冷たい・熱い刺激を避ける

温度差による刺激を避けることも重要です。そこで気をつけてほしいのが、洗顔時に使う水の温度です。極端に冷たい水や熱いお湯を使ってしまうと、その刺激によって炎症が悪化する恐れがあります。洗顔するときは37以下の体温より低いぬるま湯を使うようにしましょう。皮脂の落としすぎの防止にもなるので、肌の乾燥も防げます。

物理的な刺激を避ける

酒さの肌は刺激に敏感になっているため、摩擦など物理的な刺激を避けることも大事です。マッサージで肌をこすったり、むやみに触れたりする行為は避けるべきです。洗顔時やメイク時には、指やメイクブラシ、パフなどで肌をこすらないように注意しましょう。また、髪の毛先など肌に触れたものが思わぬ刺激になることもあります。

少しでも酒さの症状が悪化したら使用は中止する

もし、メイク後に症状が悪化してしまうようであれば、使っているファンデーションやメイクアイテムが肌に合わない可能性が高いです。これ以上の症状の悪化を避けるためにも、すぐに使用を中止し、皮膚科を受診するようにしましょう。低刺激のファンデーションでも、肌によって相性の良し悪しはありますし、肌の状態によっては使えないということもありえます。使っていて肌に刺激を感じたり、酒さの症状が悪化したりするのであれば、少なくとも今の自分の肌には合っていないということです。場合によっては症状が落ち着くまでメイクをお休みすることも検討しましょう。

自分の酒さの状態に合ったファンデーションを選ぼう

酒さの改善には時間がかかります。症状が落ち着くまでは合うメイクアイテムを探すのが大変、使ったメイクアイテムが肌に合わないといったこともあるかもしれません。しかし、無理をしてメイクをすると症状の改善が遅れてしまいます。酒さの症状を少しでも良くしていくためには、なるべく肌に負担をかけないこと、そして正しいセルフケアを続けることが大切です。メイクとうまく付き合っていくためにも、自分の肌の状態と相談しつつ、自分に合いそうなファンデーションやメイク方法を探していきましょう。

監修医師

稲葉岳也医師

いなばクリニック院長 稲葉 岳也医師
資格:医学博士 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本アレルギー学会専門医 日本レーザー医学会認定医
- - - - -
東京慈恵会医科大学卒業後、2004年に、いなばクリニックを開業。
耳鼻咽喉科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、形成外科、内科、アレルギー科を主体とした総合アンチエイジングクリニックです。
レーザー治療、アンチエイジング治療の専門であることから、最新のレーザー機器を導入し、最先端医療を担った治療を行っております。
また、かかりつけ医として、地域への密着を目指したクリニックです。


おすすめ記事

シェアする